>

不妊治療はどんなことをするの?

夫婦両方の課題、不妊症を改善しよう

世界の不妊治療と私たちが出来ること

世界の不妊治療事情

実は、日本で行われている体外受精などの生殖補助医療の数は世界トップクラスに多いのです。しかし、治療によって生まれてくる子供の数はあまり多くありません。決して不妊治療技術は低くはないのですが、治療件数は多いけれども必ずしも妊娠出来るとは限らないという事実を認識しておかなくてはなりません。治療数と出生者の数に違いが出てしまうのは、日本人の不妊治療に対する意識・認識の違いがあるからだと考えられます。たとえば、日本では薬を使った方法よりあまり薬を使わない自然療法が好まれます。残念ながら薬を使わないことでせっかくの妊娠出来るチャンスを失ってしまっているのも事実です。不妊治療に関する正しい知識を持つことが大事です。

私たちでも出来る簡単なこと

なかなか子供が出来ないとき、悩むのではなく病院に相談にいってみようという内容を先ほど書きましたが、病院に行く前に自分たちで何か出来ることはないのかと考えたことはありませんか?そんなとき不妊に関する本などを読むこともあると思います。
皆さんはどんな本を読んでいますか?日本で販売されている不妊に関する本は「冷え性を改善して体温をあげよう」とか「食事を工夫してみよう」というような自然療法に関する本が多いです。本当に妊娠出来るようになりたいのならば、そのような健康に気を遣うことも必要ですが、実際に不妊治療ではどんなことが必要なのかを知るための不妊治療の基礎知識を身につけておくことは必要です。
さらに絶対に妊娠したいのなら日本で多く行われている自然療法より、海外で行われているようなホルモン剤や排卵誘発剤などの薬を使った療法を検討することも選択肢の中に入れなければなりません。


このコラムをシェアする