>

不妊治療はどんなことをするの?

夫婦両方の課題、不妊症を改善しよう

体外受精の続きとラストステップ

体外受精についてもう少し詳しく

先ほど体外受精の概略について紹介しましたが実は体外受精・人工受精に成功したとしても、なぜ通常のやり方では妊娠出来なかったのかの根本的な原因は解明されることなく妊娠することがほとんどなのです。逆に言えば原因が直接わかっていなくても、適切な治療が施されれば妊娠出来るのです。なので夫婦の間だけで悩みを抱え込まずに、まずは病院に行って相談してみましょう。
また、先ほど人工受精の治療費は2~3万円と紹介しましたが、実はこの体外受精の治療費はかなり高額になってきます。その理由は、体外受精には保険が効かないんです。このため、治療費は様々な費用を含めて50万円以上してしまうこともあります。しかし、1度治療を受ければ絶対に妊娠出来るという保証は無いので、場合によっては何度も治療を受けないといけない場合もあります。

次の機会に備えた準備

仮に不妊治療を受けて無事に妊娠でき、赤ちゃんを出産できたとします。その後、次の赤ちゃんを授かりたいと思ったとき、出来ることならば1人目のように不妊治療は受けたくないですよね。ましてや、体外受精となるとまた高額な治療費を払わなければならないかもしれません。このようなことを防ぐために多くの病院では不妊治療を行うと共に、どこの部分に異常があるのかを検査・調査します。たとえば体外受精をする際は、女性の卵巣から卵子を取り出すときに、卵子の周りに付着している顆粒膜細胞、卵胞液などを検査します。また男性の精子の状態が健康であるかを検査します。このとき、元気な精子が多く採取出来た場合、冷凍保存するなど様々な工夫がなされます。


このコラムをシェアする