>

不妊治療はどんなことをするの?

夫婦両方の課題、不妊症を改善しよう

不妊症っていったい何?

不妊治療のファーストステップ

まずは、不妊治療に入る前にどんな理由で妊娠出来ないのか様々な検査を行います。ここで男性・女性どちらかの生殖器や精子・卵子などに異常がない場合、タイミング療法と呼ばれる、女性の排卵日の2~3日前に性交を行い受精を促すという方法で受精を試みます。
またこれでもダメな場合、人工受精など他人の力を用いた治療を行うこともあります。これは妊娠の方法はパートナー同士で行う性交と同じです。しかしタイミングをより正確に出来るという点や、採取した精子を濃縮して使用するという点で、より受精出来る確実性を上昇させることが出来ます。また、人工受精の治療費も2~3万円とそこまで高価でないという点で少しは受診しやすく感じませんか?

それでもダメな場合

はじめのステップでの、タイミング療法・人工受精を行っても妊娠出来なかった場合、精子・卵子共に体内から取り出して、受精を促す体外受精を行う場合が多いです。
この体外受精は、まず、女性の卵巣を刺激して卵子を取り出し、あらかじめ取り出してあった精子と受精させるという方法です。
このとき普通はシャーレ上で行うのですが、男性から採取した精子があまり元気のない場合は、顕微鏡を用いて精子を卵子の直接注入し受精させるという顕微受精という方法を用いることもあります。この体外受精のほうが、女性の子宮内で行う人工受精より精子が卵子にたどり着く可能性が確実に上昇するので、どうしてもすぐに子供がほしいという夫婦ははじめから体外受精を選択するケースもあります。


このコラムをシェアする